ウォーキングの効果と方法

1.ウォーキング生活

ウォーキング生活を始めて3日目になりました。

足の筋肉痛が「運動できているかも!」と私を錯覚させます。

3日歩いたぐらいで、何とかなる体重ではありません。まぁ、それでもダイエットの一歩を踏み出したと実感できます。

体重78.4kg。開始して、1.4kg減りました。

3日坊主にならないように、頑張りたいです。

2.ウォーキングの基本

1.ウォーキングを始める前に

ウォーキングを始めるにあたって、より効果的なものにするために、まずは基本をしっかり学ばないといけません。

ウォーキングという言葉があるだけに、普通に歩くのとウォーキングとは少し違います。歩くから、痩せていく訳ではありません。

「ウォーキングで痩せた。」

「ウォーキングで健康になった

と言う声もあれば、

「歩いているのに痩せない

という声もあります。

何がどう違うのでしょうか?

・何分歩くの?

・どのくらいのスピード?

・姿勢は?

など、ウォーキングのわからない事を基本から一つづつ解決していきましょう。

せっかく始めるならダイエット効果の上がるウォーキングにしたいですよね。

2.歩く時間は20分以上

ウォーキングを始めて脂肪が燃焼し始めるのは20分からといわれます。どのウォーキング方法を調べても「20分から脂肪が燃焼し始める」と言われています。

ただし、ウォーキングのルールをしっかり守らないと開始20分からの脂肪燃焼は実現しません。

ウォーキングを始めたばかりの私は、ルールに沿った理想的なウォーキングができません。ですから、私は「30分歩くと燃焼が始まる」と設定しました。

脂肪燃焼は、体の作りや歩き方などで、個人差があるので

私の場合は、プラス10分余分にみておけば、大丈夫であろうと勝手に判断しています(笑)。

脂肪燃焼の準備時間

先に説明したように、20分歩くとようやく脂肪の燃焼が始まります。

これは、歩き始めて最初の20分は、体の中の蓄積された酸素やエネルギーを使用します。

「脂肪を燃焼するための準備時間」

といえばわかりやすいですね。

今、溜まっているパワーを放出していきます。

この間は、脂肪燃焼効果があまりありません。

脂肪燃焼時間

歩き始めて20分ほど経つと体の中の蓄積されたエネルギーが切れます。

すると、体は、体に付いている脂肪や水分を燃焼し始めます。

脂肪をエネルギーにかえることで体を動かすわけですね。

また、20分後からは、呼吸した酸素をそのまま体を動かすことに使用します。よく聞く有酸素運動というやつですね。

20分後以降が、「ダイエット」に繋がる脂肪燃焼時間です

20分で歩く距離

では、「20分歩く」とはどのくらいの距離なのでしょうか?

年齢・性別・歩幅等で、個人差があるため、一概には言えませんが

距離にすると2~2.5km程度です。

つまり20分で2〜2.5kmこのくらいのスピードで歩けば、20分以降は、どんどん脂肪を燃焼します。

3.ウォーキングは、まず5km程度から

実際にウォーキングで5kg以上痩せた人は

毎日5km程度を歩いていた人が多いです。

片道約2.5kmですね。

家から約30分、まっすぐ2.5km歩いて戻って来る。

そんな感じでウォーキングをすると、行った分だけ絶対戻らないといませんから素直に歩けます。
もちろん距離が長ければ長いほど効果が上がりますが、長い期間続けられないことになりかねません。

また、まじめに頑張り過ぎないことも大事です。無理せず、毎日少しづつが長続きのコツです。

3.本日の成果


にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です