炭水化物を減らすダイエット

低炭水化物ダイエット

なんとか毎日ウォーキングを休むことなく続ています。とりあえず1週間経ちました。体重は79.8kgありましたが、現在77.4kgまで落ちました。1週間で、2.2kgならまずまずの成果です。減った体重の多くは水分なので1kg割程度は、簡単に上下します。それでも1.2kgは減量できたと言えるでしょう。

「今回は頑張れそう」そんな予感がします。これは、ダイエットの履歴をブログに落とすことと、体力的にも運動を頑張れるのは、40代が最後かなと思う部分もあります。今やらないと、もうやれない。そんな脅迫観念もあるからでしょう。

3ヶ月間とりあえず、ウォーキングと炭水化物を控える食事制限で頑張ります。

1.低炭水化物で痩せる

太る原因は三大栄養素のうちの「炭水化物」「脂質」です。ですから、この2つの摂取をやめれば確実に痩せます

昨年「低糖質ダイエット」が流行りました。

「低糖質ダイエット」も「糖分」を抑えることと、「炭水化物」を抑えることが目的です。

「食べて痩せるダイエット」としてかなり取り上げられました。

しかし、エネルギーに変わる成分が少ないため、低糖質ばかりの食事は体力が落ちるし、元気も出ないので途中で挫折する人も多いようです。

続ければ痩せるのですが、継続が難しいダイエットなのかもしれません。

私はまだ試していませんし、主観で言わせてもらっているだけで、低糖質ダイエットを否定しているわけでありません。

ただ、私の周りで「低糖質ダイエット」を試した人は続いていないのが現実です。

「低炭水化物ダイエット」は、主食である

ごはん・パン・麺類

を減らすことで体内で分解吸収される糖分を減らし、必要エネルギーを蓄積されている脂肪などを燃焼し補う方法です。

ただし、炭水化物が減少した分のカロリーは、

肉・魚・卵等や果物・野菜により

補う必要があります。いわゆる

「たんぱく質」「脂質」を摂取して補います。

このエネルギーを補わないと、体重が落ちても不健康の状態になります。

ダイエットの基本は、食べて動くです。

2.どのくらい炭水化物を減らすべきか

低炭水化物ダイエットは、ダイエットを試みた人は必ず試すダイエットです。

・ごはんを食べない

・ラーメンをやめる

・夜ごはんは炭水化物を抜く

などです。どれも正解ですが、実際にどのくらい減らすのが適量なのでしょうか

「炭水化物を一日の推奨される摂取量の約半分にする」

これが適量です。具体的には、主食のごはん・パン・麺類を4分の1にする。

つまり、毎食4分の1は食べていいとされています。

ここで疑問が出た人もいるでしょう

「なぜ?半分にするのに、4分の1なの?2分の1じゃないの?」

これは、他の食品にも少なからず炭水化物が含まれているからです。

そのため、もっとも炭水化物の割合の多い主食は4分の1まで減らさないといけません。

私は「4分の1食べていいんだ」とこれを知って、ホッとしましたけど。

3.まとめ

  1. 低炭水化物ダイエットは、効果があるが体力が減少するため継続が困難。
  2. しかし、ダイエットをするに当たっては、炭水化物ダイエットは意識すべき
  3. 炭水化物ダイエットを続けるためには、摂取量を4分の1に減らす。

無理をすると、リバウンドにや健康に影響しますので、ゆっくり行いましょう。

ちなみに、今の体重は1年前の食べた食品が今の体を作っているとも言われています。

すぐに痩せるダイエットはありません。長期にわたって継続できる確実な方法を実行しましょう。

2.本日の成果

本日もありがとうございました。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です