すぐ痩せる筋トレの効果

1.ダイエット半月の結果

こんにちは、やまとんです。

165cm、75kg

と、なかなか不健康な体になったので、ダイエットを始めました。

基本は、ウォーキングによる有酸素運動をなるべく毎日5キロ、1時間歩いています。(旅行、飲み会等で帰りが遅くなる時は、お休みしてますが)

食事制限も併用しておこなってます。

朝は、もともと少しなので、おにぎり1個分くらい食べる。

昼は、普通に食べる。食べ過ぎず普通です。

約1,000カロリー程度でしょうか。

夜は、炭水化物を取らないようにしています。

最初の1週間はキツかったですが、それを越えれば、ある程度習慣になります。また、おこなった努力が相殺されるのが嫌だから頑張れます。

現在、165cm、76.8kg

2.5キロほど落ちました。

しかし、目標体重まではまだまだですので、これからも頑張ります。

2.ダイエットには、筋トレが必須

今まで食事制限について研究しましたが、実は、食事制限は続きません。

一時的に絞る作業と、デトックス効果で代謝を上げるために、食事制限をしています。

食事制限は体重が減らなくなる停滞期が必ずきます。その時挫折する人は6割以上です。

そこで、ダイエットの基本中の基本である

筋トレをしていかなければなりません。

3.本当のダイエットは筋トレ

筋トレの方法を説明するまえに、日本と海外でのダイエットに対する考え方が違う事を見ていきます。

日本でダイエットといえば、食事制限(炭水化物を控える)と有酸素運動だと、答える人がほとんどだと思います。「食べずに走れ」ですね。

私も現在は、その二本立てです。

しかし、海外では全く逆で、ほとんどの人が、「ダイエットするなら筋トレ」と言います。

4.なぜ筋トレで痩せるのか

ヨガ・ウォーキング・水泳等の運動は、運動によるカロリー消費もありますが、筋肉が鍛えられて基礎代謝が増えることで、痩せていく要素が多いのです。

基礎代謝とは、人間が生きる上で必要な体の動きによるカロリー消費です。呼吸、心拍、内臓の働き、筋肉の動きなどです。

基礎代謝の50%は、筋肉によるものなので、筋肉が増えれば自然と基礎代謝が増えていきます。

筋肉が増える→基礎代謝が増える→痩せる

という仕組みになります。

ちなみに、人間の一日当たりの総エネルギー消費量は、次の3つで構成されています。そのうち基礎代謝の消費量は、6割にも及びます。基礎代謝を増やすことの重要性がよくわかりますね。

1.基礎代謝(約60~70%)
2.生活活動代謝(約20~30%)
3.食事誘発性熱産生(約10%)

基礎代謝は、年齢や性別、体表面積によって大きく変わりますが、筋肉量が多ければ基礎代謝があがり、痩せやすく太りにくい体を作ります。

つまり、筋トレで、筋肉が付けば太りにくくなり、リバンウンドも解消できるという訳です。

5.まとめ

・ダイエットに筋肉は必須

・筋肉がつけば基礎代謝が上がる

・基礎代謝が上がると、消費カロリーが増え、痩せやすく太りにくい体になる。

今後は、筋トレの方法を考えていきます。

6.本日の成果

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です