バナナダイエットとその効果

1.簡単なダイエット

食事制限、筋トレ、運動、ダイエットは大変です。

かなり強い意識を持っていても、1ヵ月が続きません。

なぜでしょうか?

簡単です。辛いからですね。

できれば、好きな事をして、好きな物を好きなだけ食べて、そして太らない。

そんな人生を送りたいものです。

そこで、楽して痩せるダイエット。

バナナダイエットを紹介します。

そもそもバナナダイエットとは、どんなダイエットなのでしょうか?

2.バナナダイエットとは

バナナダイエットとは、カロリーの高い料理を食べる代わりに果物だけを取るというダイエット法です。

・りんごダイエット

・キウイダイエット

・マンゴーダイエット

などもあります。

その中の1つにバナナダイエットがあります。

歌手でタレントの森公美子さんが、

「バナナダイエットで、7kg痩せた」

とテレビ番組で話をしたところ、翌日からスーパーのバナナが無くなったとの事があったそうです。

そんなバナナダイエットですが、バナナをどのように食べるのでしょうか?

3.バナナダイエットのやり方

①食べるのは朝食の時。食べ過ぎはいけませんが、特に量は気にせずに食べてよい。(2〜3本程度にしておきましょう)

②食べた後に常温の水を350ml程度飲む

③昼食と夕食は、普通に食べてもよい。(食べ過ぎはいけません。夕食は20時までにしましょう)

④3時のおやつも食べて良い。

⑤食後のデザートは食べてはいけない。

⑥深夜12時までに寝る。

以上です。

凄くないですか?

食事制限ほぼ無し!食べていいのです!

朝だけバナナを食べるのみです。

本当に痩せるか微妙な気持ちになりますが、実際にバナナダイエットと言われて実践し、痩せている実績があります。

4.なぜバナナダイエットは食べても痩せるのか

なぜバナナダイエットは、食べても痩せるのでしょうか?

実は、バナナダイエットは、100%痩せるダイエットではなく、条件があります。

それは、かなり肥満の方に有効であるという事です。

体脂肪率30近くかそれ以上の人には、食事を一食バナナには置き換えるだけで、かなりのカロリー制限になります。

また、バナナには食物繊維が含まれており、便通が良くなるため、代謝を促進し脂肪燃焼効果が上がるとも考えられます。

ちなみに、バナナ一本当たりのカロリーは、

中サイズ=89キロカロリーで

カロリー量は、ご飯一膳の3分の1程度となります。

5.まとめ

バナナダイエットは、健康診断に引っかかったり、体脂肪率が30%近くのある方に特に有効です。

食事制限の1つとして、とても効果のあるダイエットと言えます。

しかし、二の腕や、太もも、お尻などの体の一部を引き締めたい人には、効果が薄いと感じられます。

バナナはたくさんの種類の栄養素をまとめて取れる食材です。

健康のためにも試す価値はあると考えます。

私も、停滞期には、実践して結果を報告します。

6.本日の成果

 

ありがとうございました。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です