こんにゃくダイエットとは


1.こんにゃくについて

こんにゃくとは

知らない人はいないと思いますが

コンニャク芋から作られる日本の古くから伝わる食品です。

安く手に入り、体にも良く、健康食品として、現在でも取り上げられています。

こんにゃくの成分は、95%以上が水分でできていますので、100g当たりのカロリーは5キロカロリーしかありません。

残りの数パーセントは、食物繊維、グルコマンナン、カルシウムからできています。

言ってみれば、ほぼ「水」変わりありません。

皆さんが良く知るコンニャクゼリーメーカーの名前もこのグルコマンナンから来ています。

グルコマンナンは、グルコースとマンノースという糖が結合した構造からそう呼ばれています。

そんなコンニャクでのダイエットを調べてみました。

2.グルコマンナンとは

グルコマンナンは、食物繊維の1つで水には溶けますが、体内で消化されにくい性質を持ち、食べると消化されずに排出されやすい物質です。

この食物繊維は、排出効果を促進させる働きもあり、ダイエットに効果があると考えられます。

しかし、いくら健康に良いといっても取りすぎは、禁物です。場合によっては、腸閉塞を引き起こす可能性もありますので、どんな物でも食べ過ぎは良くないですね。

3.こんにゃくダイエットとは

さて、本題に入りますが、こんにゃくダイエットとは、どんな方法なのでしょうか?

①食事の前にコンニャクを200gとる。

②または、主食をコンニャクに置き換える

③おやつをコンニャクゼリーやコンニャク加工品に置き換える

などです。

つまり、食事の取りすぎを防いだり、炭水化物の変わりにコンニャクを取る事で低炭水化物ダイエットにもつながります。

4.こんにゃくの良さ

上記のように、コンニャクを食事に置き換える事で、カロリーを抑える事ができるのがコンニャクの良さです。

また、コンニャクは加工する上でもさまざまな調理法や、形状を変える事ができるます。生キャベツをかじるよりも、「食べた感覚」を得られます。

最近では低糖質食品として

コンニャクパスタや、ラーメンなども出ています。

おでんや、煮物でもコンニャクは大活躍ですね。

このように、コンニャクは食事の代用になるため、飽きにくく、カロリーの高い食品と置き換える事が可能です。

5.まとめ

コンニャクダイエットは、カロリーの少ないコンニャクを食事の一部にする事で摂取カロリーを抑える事ができるダイエットです。

コンニャクは、食物繊維を含む安全な食品です。

調理方法がさまざまなので、飽きにくく、ダイエットを継続しやすくします。

お年寄りの方は、喉に詰まらせないよう気をつけて食べて下さい。

コンニャクは、日本にしかない、日本の健康食品です。

日本人なら、騙されたと思って、一度は試してみるのも良いのではないでしょうか。

私は、停滞期にいろいろ購入して、食べ比べをしていこうと考えています。

6.本日の成果

ありがとうございました。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です