1日の摂取カロリーを知ろう



1.カロリーコントロール

ダイエットをする時に、まず気を付けなければならない事があります。それは

カロリーコントロールです。

人は、消費するカロリーよりも摂取するカロリーが多ければ太っていきます。

そのため、ダイエットには毎日の食事のカロリーコントロールがとても重要です。

「そんなにたくさん食べてないのに痩せない」

「気づくと太っていた」

なんて事ありませんか?

私たちは知らない間に多くのカロリーを摂取している事があるからです。

例えば、身近な食品のカロリーは

おにぎり1個、約180kcal

カツ丼は、約1,000kcal

ラーメン、約600kcal

となり、おにぎり4個よりカツ丼一杯の方が摂取カロリーが高い事になりますね。

カロリーを意識したダイエットをする事で、辛い食事制限が、少し楽になる事もあります。

そんなカロリーコントロールを少し見ていきましょう。

おすすめスムージー

2.1日の消費カロリー

人は、消費カロリーより摂取カロリーが多いと太っていきます。

では、1日の消費カロリーはどのくらいなのでしょうか?

1日の消費カロリーは、

成人男性は2,500kcal

成人女性は2,000kcal

くらいです。

ただし、身長、体重、運動量で変わるためあくまで目安として考えた場合です。

ちなみに上記のカロリーが消費されるのは、適度な運動(1日30分程度)をしている人の場合です。

デスクワークや、40歳を超えると代謝が減るため、消費カロリーはグッと落ちます。

例えば、私の場合

40歳、男性、デスクワークですので

1日の消費カロリーは、2,000kcal程度となります。

この消費カロリーより、摂取カロリーが少なければ、痩せるという事になります。

カロリー計算だけでは、ダイエットは成功しませんが、カロリーを意識する事で、計画的にダイエットと向き合えます。

おすすめスムージー

3.ダイエットの摂取カロリー

ダイエットにおいてカロリー計算は必須です。先ほども述べたように

1日の消費カロリーは、

成人男性は2,500kcal

成人女性は2,000kcal

程度です。

ダイエットの場合は、この数値に対して、摂取カロリーを約3分の2程度に抑えます。

1日の消費カロリー

成人男性は1,700kcal

成人女性は1,300kcal

となります。

半分まで、頑張れる人は、半分程度にしてみましょう。効果が上がります。

コンビニ弁当はやめて、なるべく手作りの食事に変えましょう。そして、野菜を多く摂る事が必要です。野菜はカロリーが低いため、食べても問題ありません。

4.カロリーの摂取方法と摂取量

ダイエットするために1日の摂取カロリーを減らしますが、1日の摂取カロリーは、配分を考えないと意味がありません。

基本は、朝・昼・夕食のカロリーを均等に3分割することがベストです。

一回の食事を

成人男性なら、500〜600kcal程度

成人女性なら、400〜500kcal程度

を目指しましょう。

1日の合計カロリーが適量でも半分以上のカロリーが夕食に偏っている場合はNGです

偏りが体脂肪増加や血糖値の上昇させ、体調にも悪影響を及ぼしやすくするためです。

おすすめスムージー

5.カロリー制限を簡単にする食事。

カロリーは抑えたい!でも、食べたい!

そんな人がほとんどだと思います。私もそうです。そんな人にオススメの食事があります。

「おでん」です。

固形物なので、食べた感があります。白滝は、麺類にも感じます。これからの季節は特にダイエットの必須メニューとなります。

また、もう1つの方法が

スムージーなどのダイエットドリンクで置き換える方法です。

スムージーは、飲む物なので、「食べた!」という感覚は少ないです。

しかし

空腹が落ち着き、栄養バランスが良く健康的にも良い方法です。

 

おすすめスムージーはこちら

スパーフルーツ「アサイー」のスムージー。


肌の潤い対策にもおすすめ!! —————–

米由来グルコシルセラミドが含まれます。 米由来グルコシルセラミドには、肌の潤いを守るのを助ける機能がある事が報告されています。 肌が乾燥しがちな方に適した食品です。

スパーフルーツ「アサイー」のスムージーです。

女性に人気のアサイーを使うことで、ポリフェノールや食物繊維、鉄分、カルシウムなども含まれています。 目安の1食分で16.2kcalと置き換えにも最適です!

カロリーの摂取を上手に行い、健康的にダイエットに取り組みましょう。

6.本日の成果

ありがとうございました。



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です