食べる順番ダイエットは本当に痩せるの?その効果とは

食後の血糖値が気になる方に

血糖値上昇抑制効果のある難消化性デキストリン配合

1.食べる順番ダイエットとは

ダイエットをする際に必要な食事制限。この食事制限をいかにクリアしていくかがダイエットをより効果的に進めるキモです。

そんな食事制限を楽に行う方法が食べる順番ダイエット」です。

食事をする際に、食品を1品ずつ丁寧に味わいながら、野菜」から食べる方法です。

「野菜から食べると痩せる」今では、当たり前になっているかもしれませんね。

食べる順番ですが、「野菜」からというのはわかりやすくした例で実際には

1番.食物繊維

2番.たんぱく質

3番.炭水化物

の順番に食べる方法です。

つまり、食物繊維の多い野菜から食べて、次にたんぱく質である肉や魚を食べます。そして最後にご飯やパンの炭水果物を食べるということです。

これは、いわゆるフレンチやイタリアンなどのコース料理の食べ方なんですね。

サラダ→スープ→メイン→パン→デザート

こんな流れが多いのではないでしょうか?まれにパンが早い場合もありますが・・・

何故、食べる順番によって痩せるのでしょうか?

食後の血糖値が気になり始めた方に。血糖値の上昇を防ぐお茶

 

2.食べる順番ダイエットの効果とは

食べる順番ダイエットの効果の前に、太る原因を確認しておきましょう。

太る原因は様々ですが、その一つに血糖値の上昇が関係してる事を理解しなければなりません。

血糖値とは、食事によって摂取した物が分解され、血液に入り込んだ量を示すものです。

この血糖値が上がると、体内に脂肪を溜め込む働きをするため、肥満になりやすいと言えます。

食べる順番ダイエットは、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

先に食物繊維の多い野菜を摂り、糖に分解されやすい炭水化物を食事の最後にすることで

急な血糖値の上昇を防ぐため、脂肪として溜めこまれる量が減り、ダイエットにつながります。

それとは逆に、空腹の時にご飯やパンなどの炭水化物から摂取すると、急激に血糖値が上がり、吸収しやすく、脂肪を溜め込みやすい食事となってしまうのです。

よって、同じ食事でも食べる順番を変えることで、太りにくい食事になるのです。

 

伊藤園から血糖値上昇抑制効果のある難消化性デキストリン配合のお茶

3.食べる順番ダイエットは食べる時間を気にすること

「食べる順番ダイエット」をどんなに実践していても、効果が出ない場合があります。

それは、早食いです。

もともと食べる順番ダイエットは、血糖値の上昇を防ぐ意味がありますが、順番を守ることで、ゆっくり食事をする意味も含まれます。

早食いによって、炭水化物を食べるまでに5分足らずでは、意味がありません。

ご飯やパンの炭水化物を食べるまでには、

10分はかけましょう

食事が20分以内で終わってしまう方は早食いと言えるでしょう。

野菜を食べてから10分以上経過することにより、血糖値の急激な上昇が抑えられるため、食事を始めてから10分以上経ってから炭水化物を摂取することを意識して、

一食に20分はかけましょう。

4.まとめ

食べる順番ダイエットは、野菜などの食物繊維から摂取することで、血糖値の急激な上昇を抑え、太りにくくする方法です。

その効果を最大限に発揮させるためにも、順番だけでなく、ゆっくり食事を摂ることがダイエット成功への近道です。

ゆっくり食べるのは、最初は抵抗がありますが、「30回噛む」を目標に食べる事で、自然にそのスピードに慣れてきます。

忙しい仕事の合間の食事は、つい早食いになりがちですが、体は資本です。

自分の体を大切に使いましょう。

ちなみに、食べる順番ダイエットだけで、2〜3キロは落ちます。

運動と併用すれば更に効果が上がるでしょう。

本日も、ありがとうございました。

伊藤園が作った血糖値上昇抑制効果のある難消化性デキストリン配合のお茶

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です